User Tools

Site Tools


You are not allowed to perform this action
ja:jointresearch:top

公募型共同研究事業

会津大学宇宙情報科学研究センターは、宇宙科学と情報科学を融合した宇宙情報科学分野の研究を産学連携により促進させ、その成果を学術コミュニティに提供することで、この分野の研究の活性化と技術開発の進展に寄与することを目的としたセンターです。本センターは、「月惑星探査アーカイブサイエンス拠点」として、2019年度より文部科学省共同利用・共同研究拠点に認定されています。
月惑星探査アーカイブサイエンスとは、過去に実施された月惑星探査や観測的研究の結果得られ、蓄積されているデータを活用し、最新の知識・解析技術と組み合わせることで、新たな知見を得る研究の形態を指します。
本拠点の主要な事業として、

  • 共同研究: 学術コミュニティの研究者と本センター所属教員との間での共同研究
  • 海外招聘共同研究: 海外の大学または研究機関に所属する共同研究者を日本に招聘して実施する共同研究
  • 海外旅費助成: 国内研究者が機動性をもって海外における研究事業へ参画するための助成

を公募により実施します。

共同研究は2019年度より継続して実施する事業で、本格的な研究開発の前段階としての萌芽研究及び産業界との連携等も含めた本格的な研究開発を行う実用研究の2種類のカテゴリで、月惑星探査データの高付加価値化や、解析ツールの開発・整備、サービスの提供などを通じて月惑星探査アーカイブサイエンスを推進し、コミュニティに貢献できる課題を公募します。

海外招聘共同研究と海外旅費助成は2022年度より新規に実施する事業で、海外研究者との幅広い共同研究と交流を推進することにより、月惑星探査アーカイブサイエンス拠点の活動範囲のさらなる拡大を目指すとともに、学術コミュニティの国際化にも貢献していきます。

2022年度公募

2021年度公募

2021年度公募採択結果

  • 共有可能な成果物などの情報も随時追加掲載します
  • 複数年度にわたり連続して採択された課題の成果物などはまとめて掲載する場合があります

萌芽研究

  1. 笠羽 康正(東北大学)
    米欧火星探査機群観測データによる新大気リトリーバル技術の検証 (3) 〜欧 ExoMars Trace Gas Orbiter および 日 MMX への応用展開準備〜
  2. 田中 智(宇宙科学研究所)
    Few-shot object detection アルゴリズムを用いた特徴的な構造を有するクレータ認識の試み 〜アポロミッションで観測されたインパクト月震を生成したクレータを探せ〜
  3. RAGE Uday Kiran(会津大学)
    GeoPatternMiner:大きな時空間データベースの隠されたパターンを発見するためのオープンソースのパターンマイニング Python ライブラリ
  4. 大友 翔一(静岡大学 他)
    データ解析支援ツールとしての月惑星地図配信システム開発
  5. 荒井 武彦(前橋工科大学)
    はやぶさ 2 中間赤外カメラの較正・可視化ツール HEAT の安定化と機能拡張

実用研究

  1. 浦川 聖太郎(スペースガード研究センター)
    すばる望遠鏡HSCアーカイブデータを用いた小惑星発見アプリCOIASの開発
  2. 山本 幸生(宇宙科学研究所)
    巨大時系列テレメトリデータへの高速アクセス手法の開発

2020年度公募

2020年度公募採択結果

  • 共有可能な成果物などの情報も随時追加掲載します
  • 複数年度にわたり連続して採択された課題の成果物などはまとめて掲載する場合があります

萌芽研究

  1. 安藤 享平(郡山市ふれあい科学館)
    月惑星探査データの研究初学者および教育現場での活用に向けたデータキュレーション
  2. 笠羽 康正(東北大学)
    米欧火星探査機群観測データによる新大気リトリーバル技術の検証(2)〜欧 ExoMars Trace Gas Orbiterおよび 日MMX への応用展開準備〜
  3. 吉村 義隆(玉川大学)
    火星での生命兆候探査のための、機械学習を用いた画像解析による、有機物と鉱物粒子の識別法開発
  4. 杉山 耕一朗(松江工業高等専門学校)
    Web 地図技術を用いた大規模惑星大気数値シミュレーションデータの可視化ツールの開発
    • 成果物等
    • 論文(査読あり)
    • 論文(査読なし)
      • 森脇 大智,2021,「Web Map Service を用いた可視化における惑星大規模数値シミュレーションデータの格納方法の検討」,松江工業高等専門学校 卒業研究報告書,14pp.
      • 松村 和樹,2020,「Web 地図技術を用いた大規模惑星大気数値シミュレーションデータの可視化」,松江工業高等専門学校 専攻科工学研究論文誌.
    • 学会等での発表情報
      • 森脇 大智,杉山 耕一朗,「可視化ツール dcwmt」,地球流体電脳倶楽部 dcmodel/davis ミーティング,2021/03.
        http://www.gfd-dennou.org/arch/davis/workshop/2021-03-29/
      • 松村 和樹,村橋 究理基,石渡 正樹,林 祥介,杉山 耕一朗, 「Web 地図技術を用いた大規模惑星大気数値シミュレーションデータの可視化」,2019 年度「宇宙科学情報解析シンポジウム」,2020/02.
      • 松村 和樹,「dcwmtチュートリアル」,北海道大学理学部宇宙理学グループ epnetfan座学編(計算機勉強会)遠隔セミナー, 2020/02.
      • 杉山 耕一朗,「可視化ツール dcwmt」,地球流体電脳倶楽部 dcmodel/davis ミーティング,2020/03.
        http://www.gfd-dennou.org/arch/davis/workshop/2020-03-26_netmeeting/
      • 松村 和樹,村橋 究理基,石渡 正樹,林 祥介,杉山 耕一朗, 「Web地図技術を用いた大規模惑星大気数値シミュレーションデータの可視化,JpGU-AGU Joint Meeting 2020. 2020/07
      • 杉山 耕一朗, 松村 和樹, 森脇大智, 村橋 究理基, 石渡 正樹, 林 祥介,「ウェブ地図技術を用いた大規模惑星大気数値シミュレーションデータ可視化ツール dcwmt の開発」,日本惑星科学会2020年秋季講演会,2020/11.
  5. 松本 晃治(国立天文台)
    小天体重力場計算の並列処理による高速化とその応用
    • K. Fumiya, N. Nakasato, N. Hirata, K. Matsumoto, Acceleration of Gravitation Field Analysis for Asteroids by GPU Computation, The IEEE 14th International Symposium on Embedded Multicore/Many-core Systems-on-Chip (MCSoC-2021), Singapore, 2021. https://mcsoc-forum.org/m2021/program/
    • 平田成, 菊地紘, 出村裕英, 佐藤広幸, 松本晃治, 中里直人, 河野郁也, 古舘 拓真 (2020), 小天体探査データ解析のための三次元地理情報システムと画素指向画像DBの開発, 日本惑星科学会2020年秋季講演会.
    • 河野郁也, 中里直人, 平田成, 松本晃治 (2020), 小天体重力場計算の並列処理による高速化, 情報処理学会研究報告 ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC), 2020-HPC-177, 17, 1-8. http://id.nii.ac.jp/1001/00208779/
    • 平田成, 古舘拓真, 菊地紘, 出村裕英, 佐藤広幸, 松本晃治, 中里直人, 河野郁也 (2021), 3次元地理情報システムを核とした不規則形状小天体探査データ解析環境 の開発, 日本地球惑星科学連合2021年大会, MGI34-08.
  6. 林 洋平(国立天文台)
    Planetary Data System (PDS) でアーカイブされた惑星探査データをウェブ上で利活用するためのデータリポジトリシス テムに関する研究

実用研究

  1. 春山 純一(宇宙科学研究所)
    SELENE(かぐや)画像データを利用しての月面クレータ自動抽出 GUI ツールの研究開発
  2. 佐々木 聰(東京工科大学)
    たんぽぽ計画用データベースの新規機能追加および研究者向け・一般向けウェブサイトの改訂

2019年度公募

2019年度公募採択結果

  • 共有可能な成果物などの情報も随時追加掲載します
  • 複数年度にわたり連続して採択された課題の成果物などはまとめて掲載する場合があります

萌芽研究

  1. 野口 克行(奈良女子大学)
    火星探査機による大気観測データの解析環境整備
  2. 渡部 潤一(自然科学研究機構国立天文台)
    アマチュア流星観測ネットワークによって取得されたデータアーカイブ公開
    • 日本のアマチュア流星観測家でつくるSonotaCoネットワークのデータベース。主に同時流星や観測された流星の集計データセットとなっており、流星群の活動監視や個々の火球の軌道研究など、世界的に使われている。
      http://www.sonotaco.jp/doc/SNM/index.html
  3. 笠羽 康正(東北大学大学院理学研究科)
    米欧火星探査機群観測データによる新大気リトリーバル技術の検証~欧 ExoMars Trace Gas Orbiterおよび日MMXへの応用展開準備~
  4. 杉山 耕一朗(松江工業高等専門学校)
    Web地図技術を用いた大規模惑星大気数値シミュレーションデータの可視化ツールの開発
  5. 阿部 新助(日本大学理工学部)
    探査機搭載レーザー高度計LIDARを用いた小惑星ラフネス・マップの構築
  6. 林 洋平(国立天文台)
    地図オブジェクト絞り込みが可能なウェブAPI ベースの動的ベクトルタイルの実現〜かぐや/スペクトラルプロファイラの極域データを用いたケーススタディー〜
  7. 山本 幸生(宇宙航空研究開発機構)
    SPICEを用いたPython版視野シミュレータの開発
  8. 本田 理恵(高知大学)
    はやぶさ2ONCによる小惑星リュウグウのマルチスケール画像アーカイブ構築

実用研究

  1. 林 洋平(国立天文台)
    月極域探査データの利活用を促進するための月面3D Web-GIS 開発・サービス展開
  2. 三田 肇(福岡工業大学)
    たんぽぽ計画データベースのフロントエンド機能拡張および成果の一般公開
    • 学会発表等
      • 学会名:日本惑星科学会 2020年 秋季講演会(オンライン開催、2020.11.12 アーカイブサイエンスセッション、口頭発表 予定)
      • 発表者:奥平 恭子、三田 肇、佐々木 聰、矢野 創、山岸 明彦、出村 裕英、矢口 勇一、石橋 之宏、今仁 順也
      • タイトル:
        • (日)「たんぽぽ計画」捕集実験試料用データベース構築
        • (英)Database construction for collected samples of “TANPOPO mission”
    • 成果物の公開
  3. 平田 成(会津大学)
    不規則形状小天体探査アーカイブデータ解析のための三次元地理情報システムWebアプリと探査画像DBの開発

2019-2020年度公募時のウェブサイト

謝辞記載

本公募事業による成果を論文や学会等で発表する際には、以下の例文を参考に謝辞を記載していただきますようお願いいたします.

英文
This work was supported by MEXT Promotion of Distinctive Joint Research Center Program Grant Number JPMXP0619217839.
和文
本研究は文部科学省特色ある共同研究拠点の整備の推進事業 JPMXP0619217839 の助成を受けたものです。
ja/jointresearch/top.txt · Last modified: 2022/06/02 08:55 by Naru Hirata